ヤニ取りは磨き粉ザクトに使われている成分と効果

ライオン歯磨きザクトの特徴

ライオン株式会社から発売されているザクトは昔からタバコを吸っている人にとって歯のヤニを取るのに欠かせないアイテムです。

ザクトに使われている研磨剤は重炭酸カルシウムと無水ケイ素の2種類を使用しています。重炭酸カルシウムは名前を聞いただけでは歯にあまり良くなさそうなイメージがありますが採取される元となるものは天然の石灰石ですので安心です。

一般の歯磨き粉などに使われている研磨剤は無水ケイ素が狩猟です。原料は石英です。粒子などで比較することがありますが実はこれらの成分の粒度は生成するときに自在に変えることができます。

研磨剤は歯に良くないという噂を耳にしますが歯にとって研磨剤が危険なのではなく歯ブラシでゴシゴシとこすっていることのほうが歯にとっては悪影響です。

そんなわけでザクトに使用されている研磨剤は歯に対しても悪影響を与えずにヤニを落とす事ができます。また、長年にわたって販売され続けているだけあって信用のおける商品と言えます。

ザクトで本当にヤニは落ちる?

気になるザクトのヤニ落とし効果ですが私がタバコを吸っていたときに使用していた歯磨き粉です。こまめに歯磨きをすることで歯の全面に付着したヤニによる汚れなどは見事に落ちました。

しかし、歯の裏側や歯の間に付着してしまったヤニはなかなか落ちませんでした。これはもうタバコを吸っている人にとってはどうしようもない部分です。いくらヤニ取り効果に優れたザクトでも不可能です。

大きな理由として歯の間や歯の裏は凹凸があります。通常の食べかすやプラークなどはこまめなブラッシングで落とす事はできますが、ヤニは思っている以上に粘度が高いので落とす事は難しいです。

ザクトでは落ちにくい汚れは歯医者で落としもらいましょう

ザクトで落ちなかったヤニの汚れなどは無理にこすらずに歯医者で落としてもらいましょう。歯医者のクリーニングは自分でブラッシングをするよりも多くの汚れを落とすことができます。

料金的には保険適用ですと3000円程度です。医療目的ならば保険適用になりますが審美になると保険は適用されませんので全額自己負担になります。全額自己負担になった場合の費用は歯医者さんによっても変わってきますので一概に言えませんが歯のホワイトニングなどの場合は1本のホワイトニングで1万円程度と言われています。6本では60000円です。

最近はホワイトニングジェルで落とす事ができると噂も

ヤニを落とす方法として最近噂になっているのが海外のホワイトニングジェルを使用する方法です。費用は5000円程度で気になる効果はブラッシングよりも落ちると評判です。

問題点は一般に市販されていないので入手方法は個人輸入代行か海外からの通販のみとなります。

関連ページ:ヤニ取りにオススメの歯磨き粉と効果