ヤニ取り歯磨き粉でオススメの成分とホワイトニングジェルの活用方法

タバコのヤニは想像以上に手強い

私たちがタバコを吸っていると口の中には煙の中に含まれているタールが歯に付着します。愛煙家の歯が黄色くなってしまう理由が歯に付着してしまったヤニです。もっともただ単にヤニだけであればブラッシングなどを根気強く続ける事で落とす事は可能ですがヤニ自体の粘性が強いために健康な歯よりもプラークを引きつけてしまいます。

粘性が強いためにプラークなどの汚れを容易に引きつけてしまう性質があるために通常のブラッシングや歯磨き粉ではなかなか除去することが難しいのです。対処方法はヤニとり専用の歯磨き粉やホワイトニング用歯磨き粉を使うことである程度であればヤニを落とす事が可能です。

ヤニ取りは磨き粉と他の歯磨き粉の違い

ヤニと利用の歯磨き粉と他の歯磨き粉との違いは使用している成分です。一般の歯磨き粉に使用している成分は主に無水ケイ酸などが使われていますがヤニと利用の歯磨き粉に使用されている成分は重炭酸カルシウムなどと一緒に配合されています。

なぜ2種類も配合されているのかというと単一の研磨剤よりも複数の成分を配合することで相乗効果を狙えるためです。そのほかにも粘性を強くするための成分などを配合しています。粘性が上がることで歯磨き粉が歯に付きやすくなります。付着している時間が長いほどブラッシングの時の効果に違いが出てくるためです。

ヤニ取りにオススメの歯磨き粉の特徴。

ヤニ取りでお勧めしたい歯磨き粉といえばやはりヤニ取り専用の歯磨き粉ですが他の歯磨き粉でもヤニなどの強い汚れなどを落とすことが可能な歯磨き粉があります。その有効成分がマクロゴール400です。マクロゴール400の特性としては浮かして落とすタイプなので無理にこすらなくてもヤニなどの汚れ落とすことが可能です。

普段の生活で正しくブラッシングしていても歯の表側がキレイでも歯の裏側はヤニで黄色くなっていることがあります。歯の構造上どうしても避けられないものなので3ヶ月に1回程度の回数でいいので歯科医院で歯石の除去ついでに歯の裏側に付いてしまったヤニなどの汚れを除去してもらいましょう。

それでも落ちない場合は歯医者さんか海外製品がオススメ

歯医者さんに依頼することで歯の裏側に付いてしまったヤニなどは簡単に落とす事ができますが行くのが面倒なときなどは自分の力で落としたくなるものです。

そのための方法として今注目されているのが海外の通販サイトや日本の個人輸入サイトなどで販売されているホワイトニング用ジェルを使用することです。

効き目は審美歯科などで使用されている成分と同じ過酸化尿素などを使用しているために1回の使用で実感できるほどの白さを実現します。しかし、使用方法を間違えてしまうと歯が白くなりすぎるといったこともあるようです。

関連するページ:ヤニ取りは磨き粉ザクトに使われている成分と効果